40代からのインビザライン歯科矯正記録

45歳で歯科矯正を開始。20年以上ずっと顎が曲がっているのを気にしていました。 歯列矯正で少しでも顔の形を整えたいと思う中、インビザラインの存在を知りようやく決意、裏側矯正+インビザラインでの矯正の日々を記録します。

インビザライン シーズン3が始まりました。

実は気になっていることが・・・
アライナーをはめて奥歯を噛むとまた
左奥歯がつかない
のです。

この奥歯がつかない問題、シーズン1でも2でもずーーーーと長いことゴムかけをして矯正してきました。

IMG_2787 - コピー
↑アライナーをはめた状態での左奥。隙間が空いています。

↓右奥は、自分の感触ではついているのですが、写真でみたら案外ついてなかった・・・
IMG_2790 - コピー

でもこれはアライナーの厚み分が前歯の方で持ち上げられてるだけかな?とも思います。
左は完全についてないので、またシーズン3が終わった後にスーパー強力な垂直ゴムかけをすることになるのかも


そして、今回シーズン3が始まり、今までになくアライナーがキツク、ぴったりしています。
アタッチメントがみっちりついていることもあり、アライナーを外すのが大変

こんなことは今までなかったので今回はかなりしっかり歯が動きそうな気がしています

あと、食事するときに左右の下奥歯が痛い気がします。
これも私の長いインビザラインの歴史の中で案外少ない経験。
下の歯に変化を期待!


にほんブログ村


歯列矯正ランキング

インビザライン シーズン3、まずはアタッチメント付けから始まります。

今回は下の歯だけ動かすため、下の歯にみっちりとアタッチメントがつきました。

IMG_2783 - コピー

今回のアタッチメントは目視で8個。

それにしても下の歯だけで助かります。

このアタッチメントが曲者で、インビザラインは目立たない矯正だと謳われていますが、実際にはアタッチメントとゴムかけと黄ばみでかなり目立ちます。

今回はゴムかけなし、アタッチメントは下のみ、黄ばみは・・・7日ごとのアライナー変更でなんとかなりそう。




にほんブログ村


歯列矯正ランキング

続きを読む

待ちに待ったシーズン3。

再検査から今日まで1か月、インビザライン本社からアライナーが届くのを待っていました。
実は1か月もかからず3週間程度で届いていたらしいのですが、私の都合が悪くこの日となりました。

さて、3回目のインビザラインシリーズ、何個になるのでしょう。

インビザライン再延長

シーズン3 = アライナー11個!


過去のインビザラインシリーズは
シーズン1 = 16個
シーズン2 = 17個 (まさかの1回目より1個増)
そして
シーズン3 = 11個

合計 = 44個

うーん、案外手間取ってます。

今回は基本、下あごの歯だけ動かします。
上の歯で動くのはアライナー1だけとのこと。

そして、今回最大の朗報は・・・

7日間で新しいアライナーに交換
していいそうです!

これまではずっと1個につき10日間でした。
でも食事中にアライナーを外すときは10日間にしなければなりません。

そう、私の通うクリニックではインビザライン中は
食事の際もアライナーを外さない
のが基本指導です。

いろいろな方のブログを見てもそういった方は見たことがないのですが、こちらのクリニック、かなりアグレッシブ。

私はシーズン1ではかなりマジメに絶対食事中も外さず、歯磨きとポリデント時間以外は完璧にアライナーをつけていましたが、アライナーの汚れによる黄ばみを指摘されたのがトラウマでシーズン2では食事中外してしまいました。

そのときのブログ>>


食事中外したい場合、基本の10日間を2週間にするとか長くしないといけなかったそうなのですが、勝手な判断でやってしまいました。

今回はたった7日間ならば食事中も外さないようにしてみようと思います。

でも家族以外の他の人と食事する際は外します。
食事するといろいろなものが詰まり、おそらくビックリされてしまいますから。

そしてカレーは食べません。

黄ばみとの闘いがまた始まる・・・がんばって早く終わるようにしたいものです。

もし最短の7日ごと交換ができた場合、予定終了日は
8月7日夜、シーズン3終了予定。

となります。
夏には自由になれる!?




にほんブログ村


歯列矯正ランキング

デンタルクリーニングの際に、磨き残しでプラークがたまっているところを教えてもらいました。

IMG_2380 - コピー

赤でマークしたところが磨き残しです。

下の前歯の歯間が全然できていない!

フロスの仕方もしっかり教わりました。
歯間にフロスを入れるだけではなく、左右の歯の形に沿ってしっかりこすりとること、歯肉に少し食い込ませるなど。

こうして紙に記してもらえるとすごくわかりやすく便利です。

赤のところは特に意識して磨かないと!




インビザライン シーズン3用のインビザライン待ちの間、歯のクリーニングをしたいとアポをとりました。
ロスタイム時のデンタルクリーニングしていきました。

なんとなくGW前にキレイにしておきたいと思い♪

①スケーリング
まずは、歯磨きの状況をチェック、スケーラーで歯の1本1本、裏表を確認していきくのでちょっとチクっとするときもありました。

812184540000e4d999c032e01bf5f3aa_s

左奥は大丈夫だけど、右奥歯の裏側にプラークがたまっている、磨き残しがあると指摘されました。
IMG_2377 - コピー
(黄色の線部分)

そういえば、歯を磨くときに左奥歯の裏から磨くので、右奥に行くまでに雑になってしまうのかも!?と思います。
その場合、時々磨く順番を変えるなど工夫した方がいいそうです。

他にも、フロスの仕方を教わりました。
このクリーニングの前に家でフロスをしてから来たのですが、結構まだ歯間にたまっています。

歯間に糸を通したら、右の歯、左の歯両方にこするように、ただ通してサッと抜くのでは不十分です。

②超音波スケーリング

③次はブラシで磨き

④ 最後にゴトゴト機械のブラシ。口をゆすぐと白い歯磨き粉でした。味が全くしなかった。



▼クリーニング後
IMG_2372 - コピー

さあ、どうでしょう?




以前、インビザラインを始める前とそのシーズン1が終わった後の横顔の比較をしたことがあります。
このとき、あまりの違いに自分で驚きました。

そこで今回シーズン2が終わったところなので、横顔比較してみます。


▼インビザライン前とシーズン1、2後の右横顔比較
2016.3月16日 vs.9月16日 v.s 2017年4月24日
図1


下の唇が上より奥まっているのは継続しています。
顎が少しもったりしているのは写真を撮るときの首の角度のせいかもしれません。



▼左横顔の比較
2016年3月 vs 9月 vs 2017年4月
左


最初のころからは劇的に変わっていて、横顔らしいラインになっていますが、なぜか前回9月に撮影したときの横顔の方が横顔がキレイだな、と思いました。

顎やほお、肌質の映り方の違いかもしれません。老けたのかも? 

歯も矯正できてきたところだし、次はお肌のお手入れが必要かな。

   


にほんブログ村


人気ブログランキングへ   


インビザライン シーズン3のための歯型取りをしました。
iTeroという機械でデジタルスキャンするのがインビザラインの真骨頂。


私はこれでもう3回目のデジタルスキャン、慣れたもの。
感動も薄くなりました。


手順は前回とほぼ同じ

1)奥歯で紙を噛み噛み、かみ合わせをチェック、ピンクの温かいプレートを奥歯で噛み、歯型をとる。

2) 全歯間をフロスで隙間をチェック。


3) iTeroというデジタルスキャナーで歯の型取り。

▼こんなスキャナーを口に入れ、歯型をとっていきます。

iTero
(写真は海外のサイトからお借りしました)


デジタルスキャンの様子がよくわかる動画があります。
英語がわからなくても大丈夫!見るだけでわかります♪

↑ まさにこのままそのものなのでイメージつかめます。


iTeroについては過去に何度か詳しく書いているのでそちらも覧ください。








さて、診察の最後にはデジカメで写真撮影をしました。
これも毎回恒例です。

むき出しの歯を正面から、右横、左横、上あご、下あご、そして座って今度は正面で口を閉じたままと歯をむき出しにしたままと一眼レフデジカメ?で撮られます。

このときのコツは、「奥歯をしっかり噛んでいること」だそうです。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ   



続きを読む

インビザライン シーズン2終了の調整日、アタッチメントを外し、次はロスタイム用の保定用マウスピースづくりに入りました。


まずは下から。

口の両側を引っ張り開けられ、奥歯にちょっと風を当て、そのまま口を開けて待つと、奥歯だけ先にムニュとした印象材を塗られます。

その後すぐ下全体にムニューと印象材。
約2分間待ち、グイッと外します。

上顎も同じく。

サクッと型取り終了。

私の通うクリニックではインビザラインのスキャンをしている間に保定マウスピースを作ってくださいます。
いつもこのスピードには感心します。

  
▼出来上がりの保定用マウスピース。
IMG_2318 - コピー


インビザラインとは異なり、保定用の素材です。
   
IMG_2315 - コピー
しっかり歯を覆ってます。



インビザライン 延長戦(シーズン2)は今日でひとまず終了しました。

今回の延長戦、アライナー全17個の予定が16個目途中でリタイヤすることになりました。

10日間の垂直型顎間ゴムかけは功を奏し、左奥歯はきちんとついているとのことで、ついにインビザライン3へ進みます。

▼右奥歯・・・上下ついているように見える。
IMG_2302 - コピー


さて、今日は①アタッチメントを取る ②保定用マウスピース作成 ③インビザラインのデジタルスキャン歯型とり ④写真撮影・・・と盛りだくさんの日でした。


まずはゴムかけ用ボタンとフックを取り、アタッチメントとその跡をきれいにします。

結構な力でボタンとフック計4個を外されちょっとビビりました

▼この左側奥の上下4個のボタン&フックをバリっと外します
IMG_2171 - コピー


その後、ゴトゴトする機械で磨くように綺麗に取っていくのですが、これが想定外に痛い、しみた
    「歯は削らないので安心してください」 と言われたものの結構しみて痛い。

9fe5a89f4199e7509baa3dd720d1c5e0_s


左側の上、際の方が痛かった!
ゴムかけで敏感になっていたかも、と後で思ったけど、このゴトゴト中ずっと気が気でなく、体がこわばりました。

アタッチメントもきれいに取れました。
IMG_2293 - コピー

サッパリした~♪



さて、次は新インビザライン待ちのための保定用マウスピースづくりです。


【前回アタッチメントを取った時のブログ』


この時は全く痛くなかったよう・・・。
おそらく今回は直前までハードはゴムかけしたからだと思う。
続きを読む

この10日間の2重垂直ゴムかけを記録しておきます。

【ゴムかけ当日】
予備用ボタン&フックが当日中に取れてしまう。痛みは全くない。
IMG_2091 - コピー


【翌日】 
相当な痛みを想定していたが、全く痛くならず驚くほど。

【2日目】 
朝起きたらなんとなく痛い感じはあるが想定より全く痛いという感じはない。
奥歯を指で押すと痛むような感じだが、食べ物を噛んでも痛くないので問題ない。

【4日目】
ゴムをはずすとき、奥歯がカチカチあたるようになった。
隙間がかなり詰まっていると感じる。

クリニックから日中電話があり、私は定着しやすいタイプなので24時間かけなくても夜だけでいいという話。

確かにゴムかけ効果は絶大で、短期間にかなり上下が詰まり、一番奥歯はついた。

でもよく見ると奥歯から2番目、3番目はまだ隙間がある。
夜だけにすると10日間で完全に詰まないかもしれないとも思うので、様子見ながら日中もまだしばらくかけるつもり。

IMG_2171 - コピー


奥歯がまだなんとなく痛く、指で押すと痛い気がするが、食事しても痛くない。


【6日目】
痛みは歯を押してもなんでも少しも感じなくなった。
昼も寝るときもまだゴムかけている。奥から2、3番目はまだつかない。


【8日目】
まだ日中もゴムかけはしているが、やればやるほど一番奥歯が当たる。
でも肝心の奥から2, 3番目が完全につかない。
一番奥歯でつかえてしまい、他が動きづらくなってしまっているのではないか。


【9日目】 今日
朝起きたら、奥歯が強く当たりかなり違和感を感じてびっくりする。
そのため今日日中はずっとゴムかけをやめてみた。
寝るときにはめるつもり。


最終10日目は夜クリニック予約があるので、それまで深夜からクリニックの時間までゴムかけしようと思う。

食い込みすぎるのはよろしくないものの、今の状況を見る限り、そこまでにはならなそう。



<記録>インビザライン シーズン1からの顎間ゴムかけの歴史

第1弾:受け口解消ゴムかけ

第2弾:垂直ゴムかけ

第3弾:2重斜めゴムかけ

第4弾:三角受け口ゴムかけ

第5弾:2重垂直ゴムかけ (現在)


インビザラインの歴史=顎間ゴムの歴史です。
続きを読む

左側の奥歯に最強2重垂直型ゴムかけをするため、アライナー16の左奥歯部分をカットしてもらいました。

前法と右奥歯は保定としてそのままです。


▼【上アライナー16】 上顎用  左奥歯部分をカット。
▼【下アライナー16】 下顎用 前方のぞいて両側カット
IMG_2103

なぜか下は左右ともカット。なぜだろう、と思いましたが、左の奥歯の上下がくっつこうとするときに、右がアライナーの分高さが出ると左がくっつきづらくなるのを避けるため、だと思われます。

ゴムかけを10日間行うので、その間はアライナー16をカットしたもので部分的に保定します。

アタッチメントもゴムかけに邪魔になる部分だけ削り、それ以外は残したままです。

アタッチメントはあった方が保定に良いそう。逆に動いてしまいそうなのに不思議。

ゴムかけが十分に進んだら、次回のアポではやっとデジタルスキャンでインビザラインの型どりになるはず。

1時間半くらいかかるとのことで早め夕方にアポ。会社早く出なくては

また延期になるとせっかく時間を取るのが無駄になるので、しっかりゴムかけをちょうど良く仕上げていきたい。

その後はアライナーではなく保定用のマウスピースをつくってくれることでしょう。

10日間のゴムかけ、順調に動き、でも噛みすぎないようにいい感じになりますように。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

新2重垂直ゴムかけを始めて4日経ったその日、会社で仕事をしていると電話が入りました。

なんと矯正歯科クリニックから。
珍しい、、、予約日に問題でも出たかな?と思いながら出ました。

前回担当してくれた一番いい(と思った)女性の先生からで、前回検査用にとった歯型ができて、これまでのカルテの記録なども見ていたとのこと。

私は左の上下の奥歯が全くついていないため、その上下を詰めるため、左側のみ顎間ゴムををしているのですが、それは10日から2週間間行うということで、10日後にクリニックのアポを入れていました。

▼顎間ゴム始めた当日の左側。左の奥歯の上下隙間が大きいです。
IMG_2097 - コピー


歯型と記録を見ていると、私の場合は10日を待たずに早くゴムかけ効果がでてしまうかもしれない、記録によると私は歯が定着しやすい(動きやすい)とあるので・・・と連絡をくれたのです。


そうそう、そうなんです!!

まだ4日しか経っていなかったのですが、まさにこの日食事をしたときに左の奥歯がカチンと当たりそれが違和感だったのです。
もしやもうくっついてしまったのではないか!?・・・と思っていたところでの電話だったのです。

奥歯に銀歯が上下あるので、噛みあうとカチカチあたり不快なので特に気になります。

そこで、先生のアドバイス。

噛みあいすぎないように「夜だけ」ゴムかけをするので良い。

ということです。

なんと・・・楽だな~♪

奥歯より手前の歯の隙間がうんぬん、、、わかりにくいですか?・・・と電話で先生が説明しながらも心配していただきましたが、私には手にとるように理解できました。

それもこれもこうしてブログに写真つきで記録しているおかげです。

はい、よくわかります。

今の私の状況は奥歯の銀歯の部分がつくようになりましたが、その手前の歯の部分はまだ完全にはくっついていません、と冷静な説明もできました。

▼4日後の状況
IMG_2171 - コピー

かなーりくっついています!が、まだちょっとくっついていないのです。

▼新顎間ゴム開始当日と4日後の比較
比較


写真の角度が若干違いますが、たった4日でこの違い!すごい!

しかも今回は耐えられないほどの痛みはなく、歯を抑えるとちょっと痛いなーという程度で、食事も普通に痛みなくできました。

顎間ゴムに慣れた???

さて、こうして写真を見ながら今後アポ日までのゴムかけプランを立てていきたいと思います。

ほぼくっついているとはいえ、まだ若干の隙間があるため、やはり先生のアドバイス通り「夜だけ」など24時間までではなく時間を絞りつつゴムかけするのが良さそうなので試してみます。

でもゴムかけをしないでいい、というのも実は気になります。
がっちりつくまでどんどん攻めた方がいいのでは、とも思ったりもします。

それにしても今回のようにわざわざお電話いただいてクリニックの手厚いサポート、気配りに大感謝です。
前回あたった女性の先生が特に姿勢がいいからかもしれません。(この方が電話をくださいました。本当に気がきく方)



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

昨日までずっと今回の顎間ゴムの処置についていろいろ書いてきました。

今回は垂直型でしかも2重という最強ゴムかけなのですが、実はそれだけではありません。

ゴムも最強です!

IMG_2104


ゴムにはいろいろ種類があり、これはいつも使っているものより太くて引っ張りが強力です。

以前にそのことを書いたブログはこちら 『   』 >>

これまでに3種類のゴムかけ用ゴムを試しましたが、このSUPER HEAVY、本当にスーパーヘビーです。
それが恐怖の痛みを誘うのです。

▼裏面
IMG_2105


謎なのは、これはGREECEですが、これまで使っていたMEDIUMのゴムの裏面もGREECEなこと。
種類ごとに違う国で描いてないの!?というのが素朴な疑問



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

2重垂直ゴムかけを始めた当日、予備用につけてもらったゴムかけ用ボタン&フックがすぐ取れてしまいました。

歯医者の後、たった数時間で取れてしまいがっかりです。

1個は帰宅後ソファでくつろいでいたら何か口の中に・・・あ!ボタンだ!とすぐわかりました。

次は私のミスですが、フロスをしていたらボタンに引っ掛けたようでポロリと・・・


▼取れたボタン
IMG_2106 - コピー


幸い、取れたのは上下一個ずつ、バックアップ分は取れたけれど本番用があるので大丈夫。
でも10日間持つかしら・・・。


あと1個でも取れたらゴム2本掛けられないのでクリニックに行かないといけません。

それにしてもなぜこんな簡単にバックアップ分が取れたかですが、もしや1個のゴムを上下2つにかけたから余計な負荷がかかったのではないかとも思っています。
予備用なのだから最初から上下1個ずつは使わなければいいのではないかと・・・。
でも先生にそう指導されたので・・・次同じシチュエーションがあったら1個にかけるようにしたいと思います。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

インビザライン再延長を前に、顎間ゴム集中処置。
左の奥歯をしっかり詰めるため、上下垂直型、しかも2重にゴムをかけるという最強の方法をとります。

3個、下3個、ゴムかけ用のボタンとフックをつけ、2本ゴムを装着。


▼ゴムをかけると・・・こうなりました!!
IMG_2091 - コピー

手前のゴムは上1個のボタンに下1個のフックをかけ、
後ろのゴムは上2個のボタンに下2個のフックにかけます。

後ろに2つあるのは、1個は予備用です。
ボタンが取れやすいので、1個取れてもいいようにだそうです。

ちなみにこのゴムかけ方法を最強だとする理由は過去に経験済みのため。
そのときに、それまで史上最強の痛みに襲われたのです。

 >>そのときのブログ 『  』 >>

ゴムかけ当日よりも翌日が恐怖です
とてつもない痛みが始まったのです。

しかもこの時は1本しかゴムをかけていませんでした。
今回は垂直な上、ゴム2本です。

どんな痛みが待っていることか・・・


このゴムかけは10日から2週間行います。
あまりやりすぎると逆に左ばかり噛んでしまい、右とのバランスが悪くなるのでそのあたりの見極めが難しいそうです。

私は予定もあり、10日後にアポをとりました。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

私にとってはインビザラインでの歯列矯正よりも、顎間ゴムでの矯正につらい思いをしています。

インビザライン延長しても奥歯の上下がつかないため、再延長のための歯型取りを延期して、顎間ゴムでの奥歯くっつけ作戦を先に実施することになりました。

奥歯の左右ともに噛んでいないものの、右はさほどひどくなく、左の方が開きが大きいため、今回は
「左側のみ」ゴムかけをすることに。

私は普段から上下の噛み具合なども左右ともにじっくり見ているため、先生のこの判断には至極納得です。
明らかに左の上下が詰まっておらず、ずっと悩みでした。

「奥歯で目立たないので、銀色の金属のボタンをつけていいですか?」と聞かれました。
もちろんYESです。
もはや顎間ゴムが目立つかどうかは問題ではありません。(すでに十分目立ってきましたから )

金属の方が頑丈だからなわけですが、つまりそれだけ強力なゴムかけをしそうなことがこの時点でもうかがえます。

処置:
● 奥歯にボタンをつけるのに邪魔なアタッチメントを取ります。
●消毒します。(飲んでも大丈夫)
● 上に丸いボタン、下にフック状のものをつけます。

▼こんなことになりました。
IMG_2097 - コピー
上3個、下3個、ボタンとフックをつけています。

▼拡大すると・・・
IMG_2097 - コピー - コピー
銀歯もあるので、奥歯が銀だらけ。

こうして写真を撮ってみて、改めてわかるのが、左の奥歯は全く上下がついていない、隙間が大きいです。
IMG_2097 - コピー - コピー (2)

まずはこれを詰めていきます。

ついでにこれまで使っていたゴムかけ用の白いボタンを取ってもらいました。
アタッチメントはつけたままの方が保定力があるそうで取らないそうです。

続きはまた書きます。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

昨日の調整日、インビザライン(延長戦) 後に再延長するかどうかの判断をしました。

結果、延長が必要、そして最後のアライナー17個目まで待たずに、次のための歯型取りをすることになりました。 (今日現在16個目の3日目)

そこで本日改めてアポをとり、いざ、型どりに!

・・・と意気込んでいたものの、なんと意外な結論に。。

今日は精密検査(デジタルスキャンによる歯型取り)の予定だったため、いつもの矯正の先生とは違う女性の方でした。

とっても丁寧で優しく、今までで一番良かったです!

紙で何度も奥歯のかみ合わせを確認していました。
するとしばらく席をはずし、、、なんだか悩んでいそう。

すると、「前歯が強く当たっているという感覚はありませんか?」と聞かれました。

「ん、、、前歯が当たっているというよりは、奥歯が噛んでいないと思います。」と答えると、「そう、そう、その通りです!」と。

なんだかクイズを言い当てたみたいでなぜか嬉しい
私はこうして日々歯について記録し、調べているのでこういう時は客観的なことが言えます。

そしてずっと懸念してきた通り、やはり奥歯が噛んでいないということ。
そしてインビザライン再延長よりも先にこちらの処置しましょう、ということになりました。

奥歯が噛んだ状態の方がインビザラインの効きがいいそうです!

そうなんですね~。 いいこと教わりました。やはりいい先生だ。


実は、昨日クリンチェック画像と現状の歯並びを並べて比較していたときに、今の私の前歯はずいぶん深く下の歯にかぶっているな、と実は思っていました。

▼昨日の画像のこちらを見ました。
図1

下の歯の見えるところがクリンチェックよりも少ない=上の歯が下にかぶっているように見えます。

これは気になるのでいつか書こうと思っていましたが、その前に今日「前歯が強く当たっている」という表現で指摘があり、納得です。

そしてもう一つ知ったこと。

先生いわく、「インビザラインはこうしたこと(前歯が深くかぶる)が起こりやすい」のだそうです。
なので私のこの状況は想定内だそうです。

確かにインビザラインって歯列の矯正にはとてもいいけれど、口腔内の空間のデザインというのか上下の矯正は得意としていない気がしていました。

その反面、私の場合は、歯列よりもこの空間の矯正の方が必要なタイプなのだと思いました。
こうしていろいろ試してわかることがあります。

歯列矯正はいろいろな種類があります。
裏側矯正もあればインビザラインもあれば・・・でもこの「空間」の部分というのも得意不得意知るといいと思いました。
でも、初めての歯列矯正でそんなことまでわからないとは思います。


▼前歯が当たっているというよりは、奥歯が噛んでいません。
IMG_2066 - コピー

ということで、今日はインビザライン再々歯型取りではなく、急きょ、恐怖の最強顎間ゴムを奥歯をつける、という処置に決まりました。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

インビザライン 延長戦、全17個のうち16個目のアライナーになったら一度来てくださいとクリニックから言われていました。

そして、その言う通り16個目に入ったので職場を少し早めに出て通院。

今日はインビザライン シーズン2 (延長戦) がもうじき終わるにあたり、その後さらに再延長が必要かどうかを見極めるとのことでした。

最初に今のところで気になるところがあるか聞かれたので、もう待ってましたとばかりに気になるところを伝えました。

悩み① 下の前歯が傾いたまま。

歯が斜め
(黄色の線のとおり斜め)

▼クリンチェックではこうなる予定でした。
ClinCheck2_17of17 - コピー - コピー

前歯の傾きがだいぶ違います。


悩み② 同じ下の前歯が捻じれている。
IMG_2071 - コピー


傾きと捻じれとどちらが気になるか聞かれたので、「両方です」ともちろん即答。

ちなみに、歯並びとしては隙間もきちんと埋まっており、悪くはないそうです。
でもやはりこの傾き&捻じれは許容できないです。


悩み③ 左の奥歯の上下がついていない。

IMG_2066 - コピー
奥歯が噛んでいません。

「上下は最後に詰めるので大丈夫ですよ。」とのこと。


想像だが、それは恐怖の上下垂直ゴムかけをするのだと思われます。
以前行い、歯列矯正史上最強の痛みを体験しました。

 >> 以前行ったときにブログ『

 >> さらに・・・『  』



不満点を伝えた上で、先生とクリンチェックを一緒に見ました。
シミュレーションではキレイに前歯が垂直になっています。

これだったら満足しますか?
と聞かれたので、こちらは「はい、これならいいです。」ときっぱり返事。

再々度、型を取ることが決定しました。

▼期待していた結果▼
ClinCheck2_17of17 - コピー


そして、驚くべき提案が。

いずれにしても、この後17まで終えても変わらないので、早めに型とってもいいですよ!?

とのこと!!! 素晴らしい提案です!

善は急げと、明日にはインビザライン再延長戦の型どりをすることになりました。


あまりの急展開だけど、私も本当に最後までやる意味あまりないと思っていたのでいいと思います!


▼シミュレーション上の完成系とアライナー16 (全17中)地点の実際の比較
図1

こう見るとまたいろいろ違いがあるなーと感じる・・・。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

インビザライン延長戦もあとわずか、アライナー17個のうち16番目になりました。

IMG_2078


最近すっかりやる気をなくし、少しくらい外している時間が長くてもいいだろう、とか思ったりしています。

その原因はアライナーが汚れやすいのでドリンクを飲むたび、食事をするたび、おやつを食べるたびに外して、その後歯を磨いてはめなおすまでに時間がかなり経ってしまうのです。

私の通うクリニックでは食事中もアライナーを外さないのがルールです。
それを徹底していたときにはアライナーを歯磨きの時以外に外さないのでとてもしっかりアライナーをはめていました。

でも、インドで歯の汚れを指摘されたことがあまりにショックで、食事で黄ばんだアライナーで過ごすのが耐えられず、水以外のものを口に入れるときはアライナーを外すようになりました。

 そのときのブログ『  』はこちら>>


また再延長する可能性も高いですが、今回の延長戦で本当は終わりたい・・・もうこの黄ばみやすいアライナーがつらいです。
インビザラインへのフィードバックができるなら、ぜひこのアライナーを汚れにくい素材にするよう改良してほしいと伝えたいです。

良いところは、歯科医師の技術によらず、シミュレーションの元で矯正ができるので安心なことだと思います。
矯正は歯科の中ではもうかりやすいので経験があまりなくても矯正を実施する歯医者が多いともいいます。

▼アライナー16をはめたところ。
IMG_2080 - コピー




にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

全17個のうち、アライナー15が終わりました。


【延長戦】アライナー#14後 vs #15後

【正面】
写真上が10日前、下が10日後
IMG_1903 - コピー
IMG_2062 - コピー

全く変化はわかりません。


【左横】

IMG_1904 - コピー
IMG_2066 - コピー

どうもこの左の上下が詰まらないまま終わりを迎えそうです。


【右横】
IMG_1909 - コピー
IMG_2064 - コピー
こちらも上下の詰まりが不十分。


【上あご】
IMG_1913 - コピー
IMG_2075 - コピー

上は変化はわかりません。


【下あご】
IMG_1911 - コピー
IMG_2071 - コピー

下前歯のねじれがとれていません。
アライナー11からは下の歯の矯正はないので変わるはずはありません。


【下から上】
IMG_1910 - コピー
IMG_2068 - コピー

変化ないですが、あえていうと、上の歯がより前方に出て、下の歯が奥まったように思います。
顎間ゴムの成果と思われます。

今月末にこの延長戦が終わりますが、おそらく見た目に変化はそれまでないでしょう。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

↑このページのトップヘ